1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/01/14(日) 10:11:07.18 ID:ID:1ZauCvgF0.net 西郷の三番目の妻、糸(史実では16歳年下)
原作者の林真理子は、これを幼なじみとの恋愛結婚という設定にしたいがために、糸を西郷と同世代という設定に変えてしまうそして月照とのボーイズラブや、篤姫との駆け落ちなどもやんわりと時代考証担当の学者に批判される



「林先生のいうボーイズラブとか、そういうのじゃなくて、、」

「糸と西郷さんはだいぶん年の差がありますので幼なじみというのは無理があると言ったんですが、そのままでしたね」

「月照さんと西郷さんの愛とか、篤姫との愛とか、そんなことは辞めて下さいって言ったらですね、林さんが『心の中はわからないでしょ?心の中は私たちに任して下さい』って言われましてね(笑)」

志學館大学 教授・大河ドラマ『西郷どん』時代考証 原口泉氏

2018/1/9 NHKラジオ第一 すっぴん より

http://www.nhk.or.jp/suppin/interview.html



引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1515892267/続きを読む

投票者




ユーザーネーム:

パスワード:

次回からログインを記憶: